ハクアージュの口コミ・評判から効果を実証!最安値で買う方法も徹底比較!

ハクアージュの口コミ・評判から効果を実証!最安値で買う方法も徹底比較!

ハクアージュ成分・副作用

ハクアージュ成分はハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体など

更新日:

ハクアージュ 成分

「シミに効果が抜群」として話題が沸騰している医薬部外品の美白クリームがあります。

その名は、“ハクアージュ”。

ハクアージュは美白有効成分をトリプル配合している効果抜群な美白クリームとなっています。

この記事では、そんなハクアージュの成分について解説します。

トリプル有効成分配合『ハクアージュ

最大75%OFF!20日間解約保証!▽

HAQAGE公式でシミ対策✨

12,000円商品が今なら送料無料2,980円

ハクアージュのメイン成分~ハイドロキノン誘導体~

ハクアージュのメイン成分の一つが、トリプル配合されている美白有効成分の一つである“ハイドロキノン誘導体”です。

美白有効成分とは、美白に効果があると厚生労働省が認めた成分であり、この有効成分が配合されていないアイテムは“医薬部外品”を名乗れません。

ちなみに、ハイドロキノン誘導体などの美白有効成分はクリニックで医者が処方する美白医薬品のメイン成分でもあります。

ハクアージュのような医薬部外品と、医薬品の大きな違いは配合濃度だけです。

医学知識のない素人が自分の判断で使用しても問題ないと国が判断した濃度にまで配合量を抑制したのが医薬部外品となります。

さて、ハイドロキノン誘導体ですが、この美白有効成分は別の名前をもっています。

その名前とは、“アルプチン”です。

アルプチンには、「αアルブチン」「βアルプチン」があるのですが、αアルブチンがハイドロキノン誘導体となります。

ハイドロキノン誘導体の効果はメラニン抑制効果です。

シミやソバカスなどの原因となる色素成分であるメラニンの生成を抑制できるから美白効果があります。

ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンは別物

美白知識がある人は、「ハイドロキノンって聞いたことある」という場合があるかもしれません。

しかし、ハイドロキノン誘導体とは、ハイドロキノンとグルコースがα結合されてできている成分であり、ハイドロキノンとハイドロキノンは別物となっていて違いがあります。

ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンの違いは以下の二つです。

  • 安全性
  • ハイドロキノンは肌に白斑が発生する可能性があります。しかし、ハイドロキノン誘導体になることで安全性が高まっていて、白斑が発生するリスクはほぼゼロです。
  • 効果
  • ハイドロキノン誘導体はメラニン抑制作用がありますが、ハイドロキノンはメラニン還元作用があります。つまり、ハイドロキノン誘導体はこれからシミが発生するのを抑制する効果があり、ハイドロキノンは既にできているシミを無くすのに役立つ成分となっているのです。

ハクアージュのメイン成分~トラネキサム酸~

ハクアージュにトリプル配合されている美白有効成分の一つが、トラネキサム酸です。

トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸の一種です。

トラネキサム酸は肝斑の治療薬として医療現場で活躍し続けている有効成分であり、美白をもたらす主な効果が以下のように三種類もあります。

トラネキサム酸3つの美白効果

  1. 抗炎症作用によるメラニン生成抑制
  2. プロスミンのブロックによるメラニン生成抑制
  3. ターンオーバー促進によるメラニン排出作用

まずは、抗炎症作用です。

肌が炎症を起こすと、メラノサイトというメラニン生成の司令塔を刺激してメラニンの生成が促進されます。

しかし、抗炎症作用があるのでメラニン生成を抑制できます。

プロスミンとは、メラノサイトを活性化させる因子です。

トラネキサム酸はこのプロスミンの働きをブロックすることもできるので、メラニン生成抑制効果が非常に高くなっています

肌に蓄積したメラニン色素は、肌を新しく生まれ変わらせるターンオーバーによって自然に排出されます。

しかし、ターンオーバーは加齢などが原因となってリズムが乱れて、なかなかターンオーバーが実行されずにメラニンが蓄積してシミやソバカスとなります。

トラネキサム酸は、ターンオーバーを促進して正しいリズムでターンオーバーが実行されるようにするメラニン排出作用があります。

このため、トラネキサム酸は既にできているシミを無くすのにも、シミの発生を抑制するのにも効果的な美白有効成分となっています。

トラネキサム酸はホルモンには影響を与えないから安心

肝斑の発症には、女性ホルモンが大きく影響します。

このため、肝斑の治療薬として使用されるトラネキサム酸は「女性ホルモンに何らかの影響を与えるのでは?」と考えて心配になる人がいます。

しかし、トラネキサム酸は女性ホルモンには一切影響を与えないから安心してください。

ハクアージュのメイン成分~ビタミンC誘導体~

ハクアージュにトリプル配合されているメイン成分である三種類の美白有効成分。

その最後の一つが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンCは“美白ビタミン”との異名があるほどに美白効果が高い成分です。

しかし、ビタミンCは角質層まで浸透しにくいという弱点がありました(角質層まで浸透しないと美白効果が低くなります)。

ビタミンC誘導体は、そんなビタミンCを特殊加工して角質層にビタミンCが浸透しやすくした美白有効成分です。

ビタミンC誘導体の美白効果は以下のようになっています。

ビタミンC誘導体の美白効果

  • 抗酸化作用によるメラニン生成抑制作用
  • メラニン分解によるメラニン還元作用
  • ターンオーバー促進によるメラニン排出作用

チロシナーゼという酵素は酸化すると、チロシンというアミノ酸の一種をメラニンへ変化させる効果があります。

このため、ビタミンC誘導体の抗酸化作用によってメラニン生成を抑制できます。

また、ビタミンC誘導体はターンオーバー促進によるメラニン排出だけでなく、メラニン色素を分解して薄くする還元作用もあります。

このため、ビタミンC誘導体は酸化を原因とするシミの発生抑制に効果があるだけでなく、既にできてしまったシミを無くすのに非常に効果が高い美白有効成分となっています。

ビタミンC誘導体はニキビや年齢肌にも効果あり

ビタミンC誘導体は美白効果だけでなく、以下のような効果もあります。

ビタミンC誘導体の効果

  • 皮脂分泌抑制
  • コラーゲン生成

ビタミンC誘導体は皮脂分泌抑制効果もあるので、皮脂の過剰分泌が大きな原因となるニキビ対策ができます。

また、線維芽細胞に働きかけてコラーゲン生成を促進するので、ハリ不足・シワ・たるみといった年齢肌の対策もできます。

メイン成分をの美白効果をサポートする7つのサポート成分

ハクアージュには、メイン成分である三種類の美白有効成分だけでなく、メイン成分をサポートする7つの美白サポート成分も配合されています。

酵母エキス、タイムエキス、プルーン酵素分解物、チンピエキス、カンゾウ抽出液、バイオベネフィティ、アルピニアカツマダイ抽出液の七つです。

メラニン還元作用がある酵母エキスなどが配合されており、美白有効成分の働きをサポートすることができます。

メイン成分の美白効果を保湿によってサポートする6つの保湿成分

肌が乾燥すると、外部刺激がメラノサイトを刺激してメラニン生成を促進させます。

メイン成分である三種類の美白有効成分がメラニンを抑制しても効果が薄くなってしまうんです。

しかし、ハクアージュはヒアルロン酸など6つの保湿成分をサポート成分として配合しているので、乾燥によるメラニン色素分泌を抑制できます。

ハクアージュの成分・副作用に関連する情報


 
トリプル有効成分配合『ハクアージュ

最大75%OFF!20日間解約保証!▽

HAQAGE公式でシミ対策✨

12,000円商品が今なら送料無料2,980円

-ハクアージュ成分・副作用

Copyright© ハクアージュの口コミ・評判から効果を実証!最安値で買う方法も徹底比較! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.